Features

History

肱川産業株式会社の
成り立ち

昭和9年春、23歳の青年が、自分の可能性を信じ、大洲の片田舎から、一人新天地満州へ旅立ちます。青年は苦労しながらも林産業の会社を立ち上げますが、終戦で全てを失います。故郷大洲にたどり着いた青年は再び立ち上がります。肱川に自生する竹に目を付け、熊手等の竹製品を製造する会社を立ち上げます。肱川産業の誕生です。しかし時代は変化します。後を継いだ長男は、竹製品の需要の減少に直面し、もがき苦しみながらも、妻の父の勧めに従い、損害保険の代理店事業を立ち上げます。これが現在の肱川産業です。

Philosophy

11947年の創業以来、
70年以上に渡って地域に密着

地域の発展なくしては企業の発展もありません。創業者冨永歓市は大洲市議会議員、大洲商工会議所会頭職を務めました。現在でも大洲商工会議所、大洲青年会議所、大洲商工会議所青年部、松山商工会議所青年部、消防団等で地域の活動に積極的に参加しています。

240年以上の保険代理店実績

継続は力なり。昭和50年に損害保険代理店事業を始めると、昭和58年には信頼の証である特級一般代理店の認定を受けました。平成31年には三井住友海上火災㈱からプロ新特級AAの認定を受けました。また、平成8年からは生命保険も取り扱っております。

3お客様数「 3595 」

お客様の数は信頼の証と考えます。肱川産業では大洲と松山を中心に、法人のお客様305社、個人のお客様3290名の契約をお預かりさせていただいております(令和4年3月末現在)。我社は今後ともお客様の笑顔のために誠心誠意努めてまいります。

413億8千万円
「支払い」に強い肱川産業

保険金のお支払いこそ保険代理店の誇りです。平成30年7月7日(土)、西日本豪雨の影響で未曽有の洪水が大洲を襲いました。肱川産業では鑑定人と被災現場を一軒一軒訪れ、火災保険・自動車保険あわせて約13億8千万円のお支払いをさせていただきました。

5主力は30歳代~40歳代
社員が若い肱川産業

常若(とこわか)。肱川産業の魅力は社員の若さです。肱川産業では経験を問わず積極的に若い社員を採用しています。社員の主力は30歳代~40歳代で保険代理店の中ではかなり若いと思います。我々は今後も若い会社であり続けるために若い力を求め続けます。

Number